【重要】「楽天ウェディング」サービス終了のお知らせ
【重要】「楽天ウェディング」サービス終了のお知らせ

和風の結婚式(神社・仏閣など)

和風の結婚式の魅力やおすすめの結婚式場をご紹介。日本古来の伝統を感じる神前式での挙式や華やかな和装で、憧れの和風の結婚式を。

和風の結婚式とは?

日本古来の挙式形式「神前式」を神社や仏閣、結婚式場やホテル内の神殿で執り行い、和装での結婚披露宴を行うスタイルのこと。

和風の結婚式の魅力の魅力

  • 日本の伝統・両家の繋がりを感じる

    凛として艶やかな伝統美を感じるなら和の結婚式がおすすめ。神前式では「両家を結びつける」という考えに則った儀式を新郎新婦2人で執り行うものが多く、2人の一生の思い出になります。古くからの歴史が続く神社には、挙式後も初詣やお宮参り、七五三など2人の人生の節目ごとにいつでも訪れることが出来ます。訪れるたびに挙式の日の感動を思い起こすことができるのも魅力のひとつです。

  • 人気の和装ができる

    近頃人気の和装。白無垢や色打掛など華やかで優雅な和装は、花嫁をより美しく輝かせてくれます。落ち着いた雰囲気を出すこともできるので大人カップルにもおすすめ。挙式時には和装、披露宴ではウェディングドレスを着用するなど、2つの衣装パターンを楽しむこともできます。境内や結婚式場の庭園など、敷地内のロケーション撮影にもぴったりです。

  • 和装ならではの演出

    披露宴では和装ならではの演出を取り入れることができるのも魅力のひとつ。人力車での送迎や、折鶴・和紙シャワー、祝い餅つきや鏡開きなど、普段見たり経験したりすることのない演出でゲストにより楽しんでもらいましょう。

和風の結婚式で気になること

  • Q.神前式とは?
    日本の伝統的な挙式形式で、「家と家を結び付けるのが結婚である」という考え方に基づき神職と巫女が両家の縁結びをする挙式スタイル。

    「三々九度の盃(さんさんくどのはい)」(盃を重ねることによって「家と家」の固い絆を結ぶ)を交わし、「玉串拝礼 (たまぐしはいれい)」 (=玉串にふたりの心を乗せて神に捧げる)」などの儀式を通して、神にふたりの結婚を報告します。この場合の神は一般的に夫婦円満の神様、天照大神(あまてらすおおみのかみ)の親とされている「いざな岐(男〉いざな美(女)」です。

    現在のような神社における結婚式の形は明治33年5月10日、大正天皇と九条節子姫(貞明皇后)が宮中賢所大前において執り行われたご婚儀が、大きな影響を与えています。翌34年、この婚儀に基づき定められた神前結婚式の次第は一般でも日比谷大明神(現・東京大明神)において行われ、全国各地に普及するようになりました。
  • Q.神前式の一般的な流れは?
    参進の儀
    神社に奉仕する神職と巫女に導かれ、新郎新婦、両家の親、親族の順に本殿に向かう。

    入場
    神前に向かって右に新郎側親族、左に新婦側親族が入場後、新郎新婦、仲人、神職が入場。

    修祓(しゅばつ)の儀
    神職が祓詞(はらいことば)を述べ、身のけがれをはらい清める。

    祝詞奏上(のりとそうじょう)の儀
    祝詞とは神々に対し申し上げる言葉のこと。神職が神にふたりの結婚を報告し、幸せが永遠に続くよう祈る。

    三々九度の盃(さんさんくどのはい)
    俗にいう三々九度の盃。大中小3つの盃で新郎新婦が交互にお神酒を頂き、夫婦の永遠の契りを結びます。神酒には、繁栄と魔よけの意味も。

    指輪の交換
    もともとは神前式にはなかった儀式だが、希望する人が多くなり、昭和30年代から取り入れるように。

    誓詞奏上(せいしそうじょう)
    新郎新婦が、ふたりで夫婦になることを誓う言葉を読み上げる。

    玉串拝礼(たまぐしはいれい)
    玉串とは、榊(さかき)の枝に紙垂(しで)をつけた神への捧げ物。新郎新婦、仲人夫婦、両家代表の順で、神に玉串を捧げる。

    巫女の舞
    ふたりの門出を祝い、雅楽の調べに乗せて、巫女が舞を奉納する。

    親族盃の儀
    両家が親族となる儀式。巫女が親族全員にお神酒を注ぎ、全員起立して一斉に3回で飲みほす。

    斎主(さいしゅ)あいさつ
    神職が式を執り納めたことを神に報告して一拝。

    退場
    神職、新郎新婦、仲人、親族の順番で退場。その後は神殿の前や庭で集合写真など。
  • Q.親族以外の参列は可能?
    もともと日本の結婚式は、家同士の結びつきの儀式として自宅で行われていたことから、今でも親族のみの参加が基本。ただ、最近では親族以外の列席が可能な神社もあります。スペースの問題で列席できる人数に限りがあるので、招待する場合は事前に確認しよう。
  • Q.神社で挙式の場合、披露宴はどこで?
    披露宴会場を併設している神社もあります。もしない場合でも、聞けば紹介してくれる神社が多いので、まずは相談してみよう。「神社での神前式+披露宴」を完全サポートしてくれる結婚式場に申し込むのも手。また、ホテルや結婚式場の神殿で神前式を行う場合は、施設内の披露宴会場を利用することができます。

和風の結婚式ができる
結婚式場をエリアから探す

都道府県を選択する ※必須

詳細エリアで絞り込む

詳細エリアで絞り込む

詳細エリアで絞り込む

詳細エリアで絞り込む

詳細エリアで絞り込む

詳細エリアで絞り込む

詳細エリアで絞り込む

詳細エリアで絞り込む

詳細エリアで絞り込む

詳細エリアで絞り込む

詳細エリアで絞り込む

詳細エリアで絞り込む

詳細エリアで絞り込む

詳細エリアで絞り込む

詳細エリアで絞り込む

詳細エリアで絞り込む

詳細エリアで絞り込む

詳細エリアで絞り込む

詳細エリアで絞り込む

詳細エリアで絞り込む

詳細エリアで絞り込む

詳細エリアで絞り込む

詳細エリアで絞り込む

詳細エリアで絞り込む

詳細エリアで絞り込む

詳細エリアで絞り込む

詳細エリアで絞り込む

詳細エリアで絞り込む

和風の結婚式ができる
おすすめ結婚式場

PAGE TOP