楽天ウェディング

Merry me

結婚を意識したあなたのためのWebマガジン

洋装?和装?合わせるべきなの?両家両親のドレスコード

作成日:

新郎新婦だけでなく、ゲストもみんな気になる結婚式の服装。それは両家両親だって同じ! 最近よくあるカジュアルな式や、招待状が新郎新婦本人の名で送られる式では、両家両親はゲストでもホストでもないという、微妙な立場。やきもきさせてしまわないためにも、早めに相談してみてください。
ではさっそく、両家両親の結婚式におけるドレスコードについてご説明します!

そもそも結婚式のドレスコードって?

まず知っておきたいのは、結婚式にはどんなドレスコードがあるか、ということ。必ずこれでなければ!というただ一つのドレスコードが決まっているわけではなく、和・洋などの違いも含めていくつかあります。

 ■洋装のフォーマル
男性:昼はモーニングコート、夜はテールコートもしくはタキシード
女性:昼はアフタヌーンドレス、夜はイブニングドレス

【モーニングコート】
膝丈で、乗馬用に前裾だけ短くなっている一つボタンの上着。これとコールズボン(縦縞のパンツ)、黒もしくはグレーのウエストコート(ベスト)、レジメンタルタイなどを合わせます。内閣発足時に階段で行われる記念撮影で、男性の閣僚が着用しているものです。テールコートは燕尾服とも呼ばれる、後裾が左右に別れている服で、側章(ブレード)付きの同色のパンツ、白いウエストコート、白い蝶ネクタイを合わせます。

【アフタヌーンドレス】
襟ぐりが浅い長袖に踵までの長さ、淡い色で光沢や透け感のない素材が特徴のドレス。女性皇族の方々が、一般参賀や昼間の宮中行事の際に着用しています。

 【イブニングドレス】
晩餐会や舞踏会などの衣装で、ローブ・デコルテのような、袖のない、胸元や背中の開いたロングドレス。素材は装飾性の高いサテンやシフォンにレース、季節によってはベルベットで作られています。

■和装のフォーマル
男性:黒紋付(黒羽二重に染め抜き日向五つ紋)
女性:黒留袖、本振袖(いずれも染め抜き日向五つ紋) 

 【黒紋付】
いわゆる「紋付袴」のこと。家紋の入った長着と羽織に、袴を合わせます。

【黒留袖】
裾に模様の入った、黒い着物のこと。成人式や結納で着た人も多い本振袖も、紋が入っていれば最上位のフォーマル。いずれも刺繍ではない染め抜きの紋が両胸と背中、両袖の5か所に入っている「五つ紋」が正式です。

よーこさん(@yocogil)が投稿した写真 -



■洋装のセミフォーマル
男性:昼はディレクターズスーツかブラックスーツ(礼服)、夜はタキシード
女性:昼はセミアフタヌーンドレス、夜はカクテルドレス

【ディレクターズスーツ】
ブラックスーツの上着とコールズボン、黒かグレーのウエストコート(ベスト)の組み合わせ。礼服が浸透している日本ではそれほど見かけませんが、ウィーン・フィルハーモニーの新春コンサートの衣装はこのスタイルです。

 【セミアフタヌーンドレス】
アフタヌーンドレスを簡略化したもので、光沢や透け感のない膝丈のドレス。あまり肌を露出しないデザインが基本で、合わせるアクセサリーもキラキラしたものは避けて、パールやコサージュで控えめに飾ります。

 【カクテルドレス】
イブニングドレスをカジュアルダウンしたもので、肩や背中が開いていますが、丈はさまざま。キラキラしたアクセサリーや靴を合わせます。日本ではこのカクテルドレスにボレロなどを合わせて昼間の結婚式に出席する人も多くいます。

■和装のセミフォーマル
男性:色紋付(こちらも染め抜き日向五つ紋)、お召し
女性:色留袖(縮緬が多いが、綸子も。紋は五つ紋ではなく、三つ紋や一つ紋の場合も)もしくは本振袖(現代では中振袖の場合も)

【色紋付】
黒紋付のカラー版。色付きの着物と羽織にグレーの袴を合わせます。

【色留袖】
黒留袖と同じで裾に柄があります。紋のない本振袖はセミフォーマルです。

結婚式に着ていく服って、こんなにあるんです。これでは両家両親が迷うのも当然かも。だからもし「神社で全員和装にしたい」や、「外国みたいな教会やガーデンウェディングで洋装のみがいい」なんて希望がある場合は、早めに伝えてあげてください。

絶対に合わせたいのは、新郎父と新婦父、新郎母と新婦母の服装の格

新郎両親が揃って和装で、新婦両親が洋装という場合。あるいは両家父がモーニングで両家母は黒留袖なんて場合。全員並んだときに揃っていないように感じるかもしれませんが、実際のところ、これらも間違いではありません。合わせるべきは、フォーマル、セミフォーマルといった衣装の「格」。それさえ合っていれば、和装洋装が揃わなくても問題ないのです。

なお、この格というのは、“新郎父と新郎母”の、“新婦父と新婦母”の夫婦間の服装の格ではありません。たとえば両家の母が紋付きの黒留袖を着ていて、両家父はいずれも礼服を着ているなんてケースも見られます。きちんと合わせておきたいのは、“新郎父と新婦父”、“新郎母と新婦母”の服装の格なのです。それさえ合わせてあるのなら、両家両親4人が並んだときにフォーマルとセミフォーマル、和装洋装が混ざってしまっても大丈夫。

もちろん、両家両親の服装の格がすべて同じであるとか、和装洋装揃っているとかであるほうが、ドレスコードを気にする他のゲストから見て印象はいいと思います。ただ、手持ちの衣装や式の格式など、事情があるのなら合わせる必要はありません。たとえば「和装は体型に合わないので」「祖母の黒留袖があるので」など、その服装にしたい理由や避けたい服装がある場合は、きちんと新郎新婦を通して両家に伝わるようにしましょう。

事前に話し合ってみんなで決めた服装なら、後で「おかしかったかな?」と心配したり、失敗した!と後悔したりすることもないはず。結婚式は新郎新婦だけでなく、両家にとっても大切なハレの日。細かなこともみんなで丁寧に話し合って決めていきたいですね。

この記事のライター

てんちゃん

ドレスやジュエリーから、ダイエット、エステ、花嫁としてのマナーまで! 花嫁さんの「もっと可愛くなりたい!」を応援します♡

関連記事

ページの先頭へ