• このエントリーをはてなブックマークに追加
結婚式準備ガイド

結婚式の装飾と
アイテムの選び方

招待状やプロフィールパンフレットに代表されるペーパーアイテムやテーブル周りの装飾と装花、お料理、引出物は、二人の結婚式・披露宴を演出するとともに、ゲストへの「おもてなし」を表す重要なアイテム。相場や選ぶときのポイントを見ていきましょう。

ペーパーアイテムの役割は? どんなものがある?

ペーパーアイテムは、会場の雰囲気とマッチしたものを選びましょう。

親戚用は専門業者、友人用は手づくりと作り分けるカップルも。

ペーパーアイテムには「招待状」をはじめ、ゲストの座る席を示す「席次表」や「席札」、婚礼料理の「メニュー」、ふたりを紹介するための「プロフィールパンフレット」などがあります。
ペーパーアイテムを準備するには、会場に依頼する、専門業者に依頼する、パソコンなどで手づくりするなどの方法がありますが、いずれにしても会場の雰囲気とマッチしたものを準備することが重要です。
最近は、プロフィールパンフレットなどの一部のアイテムを手作りにしてパーソナル色を出したり、親族用は専門業者に依頼して失礼のないものを用意しつつ、友人用は手作りにして遊び心を加えたりするなど、1つの方法にこだわらないカップルもいます。ペーパーアイテムは、二人に代わってインフォメーションする分身。ゲストにあわせて工夫をするのも良いでしょう。

席次表

席次表はゲストの名前や新郎新婦との関係性を記したもの。ゲストの肩書きやキャッチフレーズ、ゲスト同士の関係性などが入っていると、初対面のゲスト同士でも親近感が増しやすくなります。自分たちのプロフィールパンフレットと一冊にまとめて作ると、統一感も出て良いでしょう。

席札

ゲストが座る席を示すために名前を書いたカード。二人からのメッセージを書き添えても楽しいですね。

メニュー

結婚式・披露宴で振る舞うお料理のメニュー表。フリードリンクの場合は、飲めるドリンクが書いてあるとゲストに対して親切です。

プロフィールパンフレット

プロフィールパンフレットは二人の成長の記録や、趣味、馴れ初めなどを書いたもの。写真やイラスト、ゲストへの感謝の言葉やメッセージ、新居の案内を加えても良いでしょう。参加したゲストにとっても記念になるようなアイデアを盛り込んでみては。

二人らしさを演出しやすい手作りペーパーアイテム

手作りする場合は、アイテムの種類×ゲストの数になるので早めの準備を。

ウェルカムボードは専用キットもあって、手作りしやすい。

ペーパーアイテムを手作りするメリットは、主に2つ。一つは、二人のオリジナリティを出しやすいこと。もう一つは、気持ちを表現しやすいこと。せっかく手作りするのであれば、手書きのメッセージを添えたり、リボンと小さな花でラッピングしたりして、手作り感が伝わる工夫もすると良いでしょう。
ただし、手作りには想像以上に時間と手間がかかるもの。デザインの決定、材料の購入、印刷、手書きメッセージの記入…、用意するアイテムの数とゲストの数の掛け算になるので、早めの準備を心がけて。また、どんなペーパーを使うか、材料のタイプによっては費用が多くかかる場合もあります。
ゲストひとり一人に手作りするのが大変であれば、会場の入り口などに飾る「ウェルカムボード」を手作りするのも良いでしょう。会場に着いたゲストが初めて目にするウェルカムボードは、歓迎や感謝の思いを伝えるとともに、二人らしい結婚式を表現できるもの。花やリースで飾りつけておもてなし感を出したり、似顔絵付きにしてオリジナリティを出したり、工夫次第で楽しい印象にできます。専用キットも市販されているので、比較的手作りしやすいアイテムです。

手作りリングピローで思い出を

リングピロー

ペーパーアイテムではないですが、リングを飾るリングピローを手作りするカップルも多くいます。手作りキットも多く市販されているので、比較的手作りしやすいアイテムです。使用後は新居のインテリアとして使うこともできます。ずっと残るアイテムとして手作りしてみては。

テーブル周りの飾りつけで気をつけることは?

テーブル周りのアイテムは、全体のバランス感が大切。

全体の雰囲気を決める装花は、種類よりもボリュームを意識して。

披露宴などの会場装飾で要となるのが、テーブルクロスやナプキンなどのコーディネートと装花です。一点豪華よりも、全体のバランスをいかに整えるかが成功のポイント。会場の雰囲気や広さ、新郎新婦の衣裳、ブーケの色なども考慮して決めていきましょう。
失敗しないコーディネートの方法は、ウェディングドレスの白を基本に、ところどころにアクセントカラーを入れること。テーマカラーやテーマアイテムを決めてコーディネートすると、統一感が出ておしゃれに仕上がります。例えば、テーブルクロスやナプキン、卓上の装花の色をすべて統一するとすっきりとおしゃれな印象になります。

会場の印象を大きく変えるのは装花です。生花を基本に、グリーンやフルーツ、キャンドル、リボン、羽などを使いましょう。メインテーブルとゲストテーブルの装花は揃えると会場としての統一感が出ます。ウェルカムボードなどに同じお花をあしらっても素敵です。
装花は、ボリュームが少なかったり、地味だったりすると寂しい印象になりがちですが、その時期に出荷数が多い旬の花を使うことで、ある程度予算を抑えながらボリュームもキープできます。
写真や映像で後々まで残る可能性大なので、花の種類に強いこだわりがなければ、旬の花でボリュームを出すことをオススメします。

婚礼料理を決めるときのポイントは?

婚礼料理はゲストの満足度に大きく影響するもの。

1名あたり15,000円前後が相場。

挙式・披露宴での婚礼料理はゲストの満足度に大きく影響するため、おろそかにできない部分です。会場によって異なりますが、通常は3~5ランクの料理が準備されているので、ゲストの顔ぶれをみてふさわしい料理を選びましょう。人気があるのはフランス料理。格式の高さと華やかさが結婚式にふさわしいのが、その理由。また、和洋折衷の料理も人気があります。値段はシェフの知名度、食材や産地などに左右しますが、相場は1名あたり15,000円前後です。
婚礼料理は一部を別の料理に変更したり、品数を変更したりできる会場もあります。中には、オリジナルメニューを用意してくれる会場もあるので、まずは相談を。例えば、新郎新婦の地元の食材や、季節感のある食材を取り入れても良いですね。
一方で飲み物はフリードリンク制にするケースが多いです。ビールやワイン、焼酎、日本酒、ソフトドリンクなどが含まれているため、ゲストの様々なニーズに応えられます。ただし、フリードリンクに何の飲み物が含まれているかは、きちんと確認しておきましょう。あまり飲む人がいないような場合は個別に頼んだほうが安く済むこともあります。

試食会で確認すること

婚礼料理を決める際は、ぜひ会場の試食会に参加してみましょう。試食会は有料の場合と無料の場合がありますが、ほとんどの会場で成約者を対象にした試食会が定期的に開かれています。
試食会で一番に確認したいのは味。そして、ボリューム、盛りつけ、品数、コースとしてのバランスも検討します。料理の差し替えや追加ができるか、特別な素材を使うことはできるかなど、二人の希望に対応してもらえるのかどうかも確認しておきましょう。

様々なゲストへの配慮を

招待者の中には、ベジタリアンやアレルギーのため一部の食品が食べられない方もいらっしゃる可能性があります。また健康に体に気を遣わなければならない人のために、薄味に対応してもらえるか、子供向けの料理は準備できるか、年配者向けに食べやすい食材で料理をしてもらえか、お箸を準備してもらえるなども確認しておきましょう。

ウェディングケーキ

ウェディングケーキはケーキカットやケーキをお互いに食べさせあうファーストバイトに使われることも多く、結婚式では重要な演出アイテムのひとつになっています。食べられないイミテーションケーキと、ゲストに食べてもらう生ケーキの2種類がありますが、生のケーキのほうが断然人気があります。見た目や美味しさと予算との兼ね合いで検討しましょう。

引出物の予算は? どんなものが贈られている?

メインの品物と引菓子を合わせて2~3品贈るのが一般的。

予算の目安は、1名あたり6,000?7,000円。

引出物は足を運んでくれたゲストに贈る大切な贈り物。ゲストにとっても記念になるものなので、心をこめて選びましょう。まずは、予算に合わせて品数を決めます。地域に伝わるしきたりやマナーがある場合もあるので、親にも相談をしながら品物を決めていきます。
次に品物の候補が各ゲストにふさわしいかを確認しましょう。最近は年代別、男女別、友人、親族、会社関係などグループによって品物を変える贈り分けが主流です。なお、引出物は一世帯にひとつが基本。しかし、ご夫婦で招待していてご祝儀を二人分頂いている場合は、別のものを渡すなど配慮をしたほうがよいでしょう。

引出物は、品物と引菓子の2~3品が一般的

引出物はメインの品物と引菓子を合わせて2~3品贈るのが一般的です。地域によっては、引出物に入れるものが決まっていたり、縁起物が欠かせない地域もあるので、会場スタッフや親にもよく相談するのが良いでしょう。予算は1名あたり6,000~7,000円が目安。最近ではゲストが好きなもの選ぶカタログ式ギフトも人気です。帰りの荷物がかさばらない、好きなものを選べるといったメリットがある一方、個性が感じられない、品物を頼むのを忘れてしまう、といったデメリットもあります。

引出物に何を贈った?(複数回答)

贈り分けでも手提げ袋は同じものを

贈り分けは最近の主流ですが、誰と誰が違うのかが一目瞭然で分かってしまうのは美しいものではありません。たとえ中身が違っていても、引出物を入れる手提げ袋の色やサイズは統一するのがマナーです。贈り分けの品物を2~3種類にとどめておくと、外から袋の中身が見えずに、品物の入れ間違えも起こりづらいのでオススメです。

プチギフトを贈ろう

お色直しの再入場やお見送りのときに新郎新婦からゲストに直接手渡しをする小さなプレゼントがプチギフトです。クッキーやティーバッグ、石鹸、アロマグッズ、ハンカチやミニタオルなどが無難です。値段よりも直接手渡しすることが大切なので、1つあたり300~500円くらいでまとめましょう。

結婚式までの段取りチェックリスト

  • 席次表・席札・メニュー表など、ペーパーアイテムを決める
  • 会場装花と装飾を検討・決定する
  • ウェルカムボード・リングピローなどの準備をする
  • 試食をして婚礼料理と飲物・ケーキを決める
  • 引出物について誰に何を贈るかを考える
  • 引出物・菓子・プチギフトを決めて発注する
  • 両親に贈呈する品物を決める
  • ウェディングアイテムを探す
  • 下見でも結婚式実施でもポイントがもらえる!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

段取りチェックリスト