現在地
結婚式場・結婚式トップ >  ブライダルフェア・試食会を探す >  結婚式場の衣装試着付きのブライダルフェア特集
 
mixi
GREE
 
mixi
GREE

結婚式場の衣装試着付きブライダルフェア特集 衣装試着付きブライダルフェアの魅力や失敗しないドレス選びのポイントをご紹介。気になる衣装を実際に試着してみよう。

ドレスから決める!結婚式場探し♪試着OK♪のブライダルフェア

人気式場のウェディングドレス試着で
運命の会場を見つけよう!

ウェディングドレスやタキシード、和装などの結婚式衣装を試着できる「試着会」は、ブライダルフェアの楽しみのひとつ。後悔しない衣装選びのためにも、上手な試着会の活用方法や、あらかじめ用意しておくべきことなどチェックしておこう!

初心者にもおすすめ!

ブライダルフェアを探す

ブライダルフェアのドレス試着会とは

ウェディングドレスやタキシード、和装などの結婚式衣装を試着できる「試着会」は、ブライダルフェアの楽しみのひとつ。式場によって用意されているドレスのブランドや種類も違うので、お気に入りのドレスがあるか、実際に着てみて体系や好みに合うか、など確認しよう。また他の会場よりも狭くなりがちなレストランにはボリュームのあるドレスは不向きなど、披露宴会場によっても合う合わないもあるので、実際に着てみて会場と衣装の雰囲気をイメージすることが大切!そこで、ブライダルフェアの試着会に実際に参加した男女400人に聞いた、上手な試着会の活用方法や、あらかじめ用意しておくべきことなどをご紹介。後悔しない衣装選びのためにも、是非チェックしておこう!

ブライダルフェアでドレスを試着した人に聞いた!ドレス試着会の上手な活用法

試着会に行く前に・・・事前にチェックしておいたほうがいいことは?

  • ウェディングドレスなどの洋装か、白無垢や引き振袖などの和装か(希望の挙式スタイルが教会式か神前式かなど)(38歳/女性)
  • ふんわりとしたかわいらしいラインや、くびれを強調する女性らしいラインなど、どんなドレスの形があるか(35歳/女性)
  • 自分のサイズがあるかどうか(35歳/女性)
  • ドレスをレンタルするときの費用(38歳/女性)
  • 会場の提携ショップ以外のドレスの持ち込みがOKかどうか(31歳/女性)
  • ブライダルフェアの特典内容(33歳/女性)
  • どんな服装や下着で行けばいいか(38歳/女性)
  • 雑誌やネットなど事前に見て、着てみたいドレスをイメージしておく(39歳/女性)

試着会に行ってみて・・・参考になったこととは?

  • 自分が似合うドレスのラインやシルエットが分かった(35歳/女性)
  • ドレスの着心地を確認できた(28歳/女性)
  • ドレスを着ると、ドレスの雰囲気に合った会場のコーディネートなど披露宴のイメージがわく(29歳/女性)
  • 見るのと着るのではイメージが違うので気になるドレスは着てみるべきだと分かった(29歳/女性)
  • 自分があまり好みでないドレスが意外と似合ったりする(39歳/女性)
  • 第三者に見てもらって、客観的な意見も聞いたほうがいい(35歳/女性)
  • 初めての試着会は種類が多くて決められなかったので、2回目以降の試着会では気に入ったドレスの切り抜きや画像を準備
  • しておき、希望に近いものを試着できた(29歳/女性)

ブライダルフェアの試着会では、様々なデザインのウェディングドレスや和装が用意されている。自分が着たいドレスや和装のイメージを何も持たずに行ってしまうと、ポイントが絞れずに衣装選びに膨大な時間がかかってしまう。そこで、和装か洋装か、洋装の場合、どんなイメージのドレスがいいのか、予算はどれくらいかけられるのかなどを、あらかじめ決めておくとスムーズに。また、試着会当日はどんな服装で行けばいいのか、会場の提携ショップ以外のドレスの持ち込みは可能かどうかも、事前にブライダルフェアの会場に問い合わせて聞いておこう。

実際に試着会を体験したことで「自分の似合うドレスが分かった」という声が多く聞かれた。中には、自分が着たいものと似合うものとは大きくギャップがあって驚いたという人も。自分を客観的に見ることができる試着会は、本当に自分に似合うドレスを選ぶには最適な機会といえそう。また、雑誌の切り抜きイメージなどを持参したことで、より自分の好みに合ったドレスの試着ができという人もいた。ぜひ試着会へ参加する際に参考にして。

プランナーに聞いた!試着会でチェックすべきドレス選びのポイント

これは聞いておこう!
試着会でプロに相談すべきポイントは?

  • 希望するドレスがあるかどうかデザインのイメージを伝える
  • 自分のサイズのドレスがあるかどうか
  • 好きなスタイルが似合うとは限らないので客観的なアドバイスをもらう
  • 担当者の勧めたものが気に入らないときは、はっきり伝えて違うものを試着させてもらう

自分にあったドレスを選ぶために、ウェディングプランナーに試着会で相談すべきポイントとは? まず、希望のドレスのブランドやデザインが決まっている場合は、そのドレスが会場に用意されているか事前に確認すること。はっきりと希望のドレスが決まっていなくても、好みのデザインなどおおまかなイメージだけでも事前に伝えておくと安心だ。また、ブライダルフェアの試着会の場合、サイズがあまり豊富に取り揃えられていない場合もあるので、試着会に参加する前に自分に合ったサイズがあるかどうか確認しておくことも重要。もし試着会のウェディングプランナーが勧めてくれたドレスが気に入らなかった場合は、遠慮せずはっきりと自分の好みや希望を伝えてコミュニケーションをとることが大切。結婚式は、これからのふたりにとって大切なイベント。妥協せずに自分の希望をしっかり伝えて、最高のウェディングドレスを見つけることを心がければ、きっと運命の一着に出会うはず。

実際に試着会に参加した人に聞いてみると、「自分があまり好みでないドレスが意外と似合ったりする」などイメージとギャップがあったという声も多いので、是非、第三者の意見も大切に。また、チャペルなどでは、挙式中ゲストは花嫁を後ろから見ているので、実は見られる機会が多いのがドレスの「後姿」。ドレスのバックデザインなど、あらゆる角度からチェックして、失敗のないドレス選びをしよう!

エリアから「衣装試着」付きのブライダルフェアを探す

その他の特集をチェック

楽天ウェディングトップへ
ページの先頭へ