• PicmarryŋLOʐ^B낤I
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
結婚式準備ガイド

両家の顔合わせと
結納

婚約の約束を公のものにする結納。かつては当たり前の儀式も、しきたりの多さから最近は簡略化される傾向に。それでも初めて両家がそろう場面。どんなことに気をつけたらよいのでしょうか?

「結納」する?「顔合わせ」だけ?多いのはどっち?

結納は、日本の伝統的な婚約の儀式。

しきたりの煩雑さから、簡略化や顔合わせの食事会で済ませるカップルも。

婚約の儀式といえば、日本伝統の結納が一般的。しかし、しきたりの煩雑さから敬遠されることも多く、最近では両家の顔合わせを兼ねた食事会で済ませるカップルも増えています。
どちらにするかは、双方の親の意見も十分聞いた上で納得いく方向を選びましょう。

結納と顔合わせの違い

結納 顔合わせ
会の主導 親が主体 二人が主体
式次第 しきたりがメイン 挨拶がメイン
結納品 結納品を交換 記念品を交換
場所 料亭やホテルの小宴会場や女性の家 ホテルの小宴会場や個室のあるレストラン

結納の日取りと場所は?

結納の日取りは、結婚式の3?6ヶ月前が目安。

落ち着いて過ごせる場所を選びましょう。

結納は結婚式の3ヶ月から6ヶ月前に行うのが一般的です。日取りは本人だけでなく親の都合も聞きながら調整します。お日柄にこだわる人がいる場合は、大安や先勝、友引に。おめでたい行事はなるべく午前中がふさわしいとされているので、午前10時、11時ごろから始め、祝膳を囲んだ昼食を両家でとるのが望ましいです。
会場選びで大切なのは、落ち着いて過ごせる雰囲気であること。レストランや料亭、ホテルなど、個室があるところがおすすめです。ある程度格式があり、サービスがよいところであれば安心ですね。

結納式の会場は?
結納当日の食事会の会場は?

結納・食事会には手土産も用意して

手土産は、相手の家族への心遣いを表すもの。片方だけが手土産を準備していた、ということがないよう二人で事前に話し合っておきましょう。手土産として喜ばれるのは、自分の出身地の名産品、老舗や人気店の和菓子や洋菓子、酒類や季節の果物がいいでしょう。もちろん相手の両親の好きなものをリサーチして準備してもよいです。

結納のスタイル

仲人を立てない略式結納が最近の主流。

結納は、二人への信頼感や社会的責任を強くする側面も。

結納は男性側の家から女性側の家へ金品を贈り、結婚の約束を固める儀式のことです。結納には大きく「正式結納」「略式結納」の二通りあり、さらに「略式結納」でも仲人を立てる場合と立てない場合の二通りあります。仲人については、婚約のしきたりを重んじるかどうか、よく親と相談して決めるとよいでしょう。いずれにせよ、しきたりにこだわりを持つ方にあわせたほうが丸く納まるようです。
結納を行うことで互いに自覚が芽生え、結婚への意識も高まり、また周囲に広く公表することで二人の信頼感や社会的責任もいっそう強いものになるでしょう。

正式結納

仲人が両家を行き来し、結納品を運んで納めます。仲人の負担が大きく、両家の距離によっては時間もかかるため、正式結納を行うカップルは減少傾向にあります。

略式結納

仲人が立ち、両家が一堂に会して結納品を納めます。しかし、この方法で行うケースも減り、最近は仲人を立てずに両家のみが一堂に会する略式結納が一般的です。また、自宅ではなく、ホテルや式場が用意している結納パックを利用するカップルも増えています。

結納式の流れ

結納式の所要時間は20分程度。仲人を立てない結納の場合、男性側の父親が進行役をするのが一般的です。ホテルや結婚式場で結納を行う場合は、口上のマニュアルが用意されていたり、担当者が誘導してくれたりする場合もありますので、相談してみるといいでしょう。

結納式ができる会場を探す

結納の費用、どれくらいかかるの?

結納費用は男性側80万円?、女性側15万円?が相場。

交通費や宿泊費、食事などは両家で折半が基本。

結納にかかる費用は、男性側と女性側で異なります。男性側は、結納品、結納金、婚約記念品。女性側は結納返しと婚約記念品。結納にかかる費用は男性側と女性側とで異なります。さらに、両家共通のものとして、会場費と食事代、場合によっては車代や謝礼も必要です。両家共通で持つ費用は折半が基本です。どちらかが遠方から来る場合も、交通費や宿泊費がかさむことを考慮し、できる限り両家の負担額が同等になるよう調整しましょう。また、いつ・誰が支払うのかを事前に決めておきましょう。

主な結納費用(男性側)
主な結納費用(女性側)

結納でハズさない服装選び

略式結納でも、会場の雰囲気に合わせたチョイスを。

両家の格がそろうように、事前に相談しておきましょう。

格式の高いホテルや料亭で行う結納では、振袖や付け下げなどの訪問着やセミフォーマルドレスなどの準礼装、レストランや自宅で行う場合は略礼装のワンピースかスーツでよいでしょう。アクセサリーもパールなどで上品に、ミニ丈や黒い服、肌の極端な露出は避けます。
男性はブラックスーツかダークスーツを着用し、ワイシャツは白、ネクタイもシルバーグレーや白といったフォーマルな印象のものにしましょう。靴下と靴は黒で。服装は両家の格がそろうように事前に相談をしておくのがコツです。

ワンピース

肌を露出しない
フォーマルドレス

付け下げなどの訪問着

振袖

ブラックスーツまたは
ダークスーツ

結納品、結納金と結納返し、婚約記念品のルールとは?

関東式と関西式で、品物や金額などの相場は変わります。

どちらの方法で行うか、事前に相談しておきましょう。

結納品

結納品の内容や納め方は、大きく関東式と関西式に分けられます。関東式では「結納を交わす」といって、男女が同じものを用意して交換しますが、関西式では「結納を納める」といって男性側だけが贈ります。最近では、関東式でも女性側は省略することが多くなりました。
結納品の数は9品目が正式とされていますが、最近は簡略化して7、5品目または縁起のよい奇数にする場合もあります。結納品の相場は、関東式で3万~7万円、関西式で3万~10万が一般的です。品数は両家で相談しましょう。
結納品は経験豊富なスタッフのいるデパートのブライダルサロンや結納品専門店で購入すると安心です。また、ホテルや結婚式場で結納を行う場合は、ホテル側に手配を一緒にお願いできる場合もあるので手間を省くこともできます。また、最近ではネットショップで結納品や結納セットを専門に販売する業者もあります。

結納金と結納返し

?結納金は結婚の支度金として男性が女性に贈るもの。かつては男性の月収の2~3ヶ月分といわれましたが、現在では50万や100万などキリのよい金額にすることが多いようです。一方で、結納金を省略する人や本人の経済力に見合った額を贈る人も増えています。
結納返しは結納金に対して女性から男性に品物を贈る習慣をいいます。結納返しをするかどうかは、地域によっても異なります。関東式では結納金の半額を「御袴料」として返す「半返し」の習慣がありますが、最近では現金の代わりに5万~20万円程度の時計やスーツを贈るケースも増えてきています。関西式では結納返しの習慣はありませんが、後日結納金の1割を返すのが一般的となっています。

婚約記念品

婚約記念品は男性から女性、女性から男性へと贈り物をして婚約の記念とするもの。男性から女性への記念品は婚約指輪が9割を占めています。女性から男性へ記念品を贈るのは全体の6割程度のようです。
男性から女性に贈る婚約指輪の金額は30万~50万円が多いようです。女性から男性に贈る記念品の相場は5万~30万円程度で、品物は時計やスーツ、パソコンやカメラなどの家電までバラエティに富んでいます。婚約記念品にお金をかけすぎて、結婚式やその後の生活に負担がかかることのないようにしましょう。大切なのは、結婚を誓い合うという気持ちです。背伸びをせず、二人が気に入ったものを選ぶとよいでしょう。

結婚式までの段取りチェックリスト

  • 結納にするか顔合わせにするか両家で検討する
  • 結納または顔合わせの日付を決め、会場を予約する
  • 結納または顔合わせ時の服装を用意する
  • 婚約記念品を購入する
  • 誰が出席するか確認する
  • 会場費・食費などの費用分担について話し合っておく

*結納を行う場合

  • 結納品や結納金について相談し、用意する
  • 結納当日の流れを確認しておく
  • 結納品の目録と受取書を用意する
  • ふたりにぴったりの式場を探そう
  • 伝統的な結納式から、両家の顔合わせや簡略的な食事会まで、幅広く対応できる便利なプラン。
  • 婚礼メニューのフルコースやハーフコースを手ごろな料金で味わえる!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
閉じる
総保有ポイントポイント
 
獲得予定ポイントポイント
ポイント詳細
お得なキャンペーン

楽天ウェディングのサービス

楽天グループのサービス