• ̉1ɂ‚Ȃ3,000|Cg
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
結婚式準備ガイド

二次会の準備

結婚式・披露宴の二次会は、友人などに幹事として準備を手伝ってもらうのが一般的。どんな人に幹事を頼めば良いのか、二人とどんな役割分担をすればいいのか、しっかり理解した上で準備を進めていきましょう。

二次会の準備、何から手をつけるべき?

まずは、手伝ってくれる幹事を探すところから。

ゲストの招待は新郎新婦から直接するように。

現在の二次会は新郎新婦が主体となり、披露宴に招待できなかった友人などを招いて行うのが主流です。しかし、ゲストへのお披露目会である披露宴に対して、二次会は二人をお祝いするパーティーとして位置づけられます。会費制で行われることが多く、幹事に仕切りをお願いするのが一般的です。挙式・披露宴の準備もあるので、手伝ってくれる幹事をまずは探しましょう。

招待状・招待メールは新郎新婦から直接

準備を幹事に手伝ってもらうとしても、個人情報の問題もあるので、二次会への招待は新郎新婦から直接するようにしましょう。最近はゲストからの返信率も高く、コストも抑えられる招待メールが主流になりつつあります。しかし、ゲストによっては招待状を送ったほうがよい場合もあるので、相手によって使い分けると良いでしょう。

 二次会の招待メールの書き方はこちら

会費は全体の予算とゲストの数で分かる

会費はゲストを二次会に招待する際に必要な情報。早い段階で決めましょう。会場費、飲食費のほか、余興やゲームで使用するアイテムやプチギフトなどを含めた全体の費用を人数で割った金額が、会費の目安となります。男性 7,000円、女性 6,000円ほどが平均的な会費のようです。

前もって幹事に経費を渡しておくとスムーズ

二次会の準備には何かとお金もかかるもの。幹事をお願いする友人には先に経費を渡しておき、後で領収書をもらうようにしておきましょう。幹事への負担も減り、準備もスムーズに進みます。

幹事をお願いするときに気をつけること

幹事は信頼できて責任感の強い人にお願いしましょう。

新郎新婦双方から2~3名ずつ、複数人で進めてもらうとスムーズ。

幹事には、二次会の何ヶ月も前から準備のために手伝ってもらわなければなりません。大変な役割だけに、人選は重要です。信頼できて責任感の強い人にお願いするのが良いでしょう。二人をよく知る仲の良い友人や会社の同僚など、二人のために時間を割いてくれる人にお願いするケースが多いようです。また、二次会をスムーズに行うためには、一人に任せるのではなく、企画と実行を複数人に協力してもらうのがベター。司会や受付、会計、撮影係など様々な係りが必要になるので、新郎新婦双方から2~4名ずつ依頼すれば、一人ひとりの負担を軽くできます。相手の都合もあるので、3~4ヶ月前には依頼するようにしましょう。
二次会の実施は幹事にリードしてもらいつつ、二人の意見も出しながら企画を練っていくのが良いでしょう。単なる飲み会ではなく、来てくれる人が楽しめる内容にするのが成功のコツです。

二次会会場を決めるポイント

二次会会場は披露宴会場から近い場所で。目安は車で30分以内の距離。

予算内で何が用意できるか、会場側と相談しましょう。

二次会の会場として大切なのは、ロケーション。挙式・披露宴から出席するゲストもいるので、披露宴会場から移動がしやすいよう車で30分以内に移動できる場所が無難です。またゲストへの負担がかからないよう、最寄り駅からの近さも考慮しましょう。
候補の会場やお店には、収容人数、貸切の可否、料金体系のほか、音響機材や映像機材などが借りられるか、クロークや控え室などが備わっているかどうかなどを確認します。お店を貸切にする場合は、何時から借りるかも相談します。二次会のスタートは、披露宴の二時間後が一般的なので、参考にしてみてください。
また、二次会の平均会費は男性 7,000円、女性 6,000円ほどなので、二人が考えている予算内でどんなお料理・飲み物が用意できるか、会場側に確認しましょう。会費は、挙式や披露宴から連続で出席するゲストのことも考えた金額設定をするとよいです。

 二次会にふさわしい会場を探す

二次会のプログラムと余興について

小道具や記念品などは、当日持ち込みではなく直前に手配を。

会を盛り上げるなら、ゲストみんなで参加できる余興やゲームがオススメ。

二次会の基本的な進行は、司会者の挨拶から始まり、新郎新婦入場、新郎挨拶、乾杯、歓談、ケーキ入刀、ファーストバイト、演出や余興、新郎新婦挨拶、新郎新婦退場とゲストのお見送り、といった流れで進んでいきます。

二次会で人気の演出と余興は?

披露宴に参加できなかったゲストに喜ばれるのが、二人のプロフィールや結婚式の映像の上映、新郎新婦の挨拶、ケーキカット。二人を祝福するパーティーなので、二人の幸せな表情が垣間見られるもの、そんな二人と一緒に参加できるものをプログラムに取り入れて。クイズやビンゴ、勝ち抜きじゃんけん大会など全員で参加できるゲームはオススメ。クイズのネタを新郎新婦にちなんだものにするとさらに盛り上がるでしょう。
ゲームなどの景品では、音楽プレイヤー、話題のゲーム機、テーマパークのペアチケットやお食事券などが人気です。
また、ダンスのショーやバンド演奏、ステージマジックなどの演出も、特別感があって盛り上がります。

二次会前後にやるべきこと

二次会の直前になったら、人数の最終確認をして会場に伝えましょう。また、演出に必要な小道具や記念品も当日持ち込むのは大変なので、直前に会場に送って保管してもらいましょう。幹事とは、当日の流れや演出などについて最終的な内容確認をします。
二次会が終わったら、手伝ってくれた幹事へのお礼も忘れずに。作業量にあわせ、5,000~10,000円を包むか、会費を免除するか半額にする、商品券を渡すなどが一般的。くれぐれも言葉だけで終わらないようにしてください。

トレンド 「1.5次会」とは?

ご祝儀のない会費制の披露宴という位置づけ。

ゲストにとっては、ご祝儀分の負担が減るというメリットも。

1.5次会は、披露宴ほどかしこまらず、二次会ほどくだけていない、これまでの披露宴の枠組みにとらわれない新しいカタチのウェディングパーティー。「会費制ウェディングパーティー」、「アフターパーティ」などと呼ばれることもあります。ご祝儀のない会費制の披露宴、というとイメージしやすいかもしれません。
海外挙式をしたカップルが帰国後に披露宴を兼ねて行ったり、新郎新婦の地元が離れていて、それぞれの地元で披露宴を行う余裕がない場合に行ったりすることが多いようです。
一般的には、10,000~15,000円の会費で、ゲストハウスやおしゃれなレストランを会場にして、二次会よりもグレードの高いお料理が振る舞われることが多いようです。基本的にご祝儀がないため一部の費用を新郎新婦が負担する場合もありますが、参加するゲストにとっては、自己負担が少なくなるというメリットがあります。

結婚式までの段取りチェックリスト

  • 二次会に招待したい人をリストアップする
  • 二次会招待状の文面、デザインを考える
  • 二次会の会場を決定する
  • 二次会の招待状を作成する
  • 二次会の幹事を依頼する
  • 二次会の招待状を発送する
  • 二次会の幹事と打ち合わせをして、進行内容を決定する
  • 二次会のプログラムを検討する
  • プチギフトの手配をする
  • 二次会会場を探す
  • 1.5次会&会費制パーティーにおすすめの結婚式場
  • 下見でも結婚式実施でもポイントがもらえる!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
閉じる
総保有ポイントポイント
 
獲得予定ポイントポイント
ポイント詳細
お得なキャンペーン

楽天ウェディングのサービス

楽天グループのサービス