• PicmarryŋLOʐ^B낤I
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
結婚式準備ガイド

親への挨拶と
結婚の報告

自分の親への報告と、新たに家族になる相手の親への挨拶、同僚や友人への報告は、永きにわたって二人と周囲がいい関係を築いていくための最初の一歩。ここを上手に乗り切れば、その後の準備もスムーズになります。

親への報告は、早いほうがいい?

自分の親には、できるだけ早く報告を。

直接会えない場合は、電話でもOK。

二人の間で結婚の意思が固まったら、できるだけ早くそれぞれが自分の親に報告しましょう。善は急げ、です。直接会って話をするのがベストですが、実家が遠方の場合は、まずは電話で報告するのが良いでしょう。相手の人柄や仕事内容、家族構成、交際のきっかけなど詳しい話をすれば親の不安も和らぎますし、信頼感も生まれます。きちんと相手の情報を伝えた上で、直接会ってもらえる機会を相談しましょう。

相手の実家を訪問する時間帯は?

訪問は相手の都合を優先して。

相手が気を遣わないよう、食事の時間帯は避けましょう。

実家への訪問は、まず男性が彼女の家に先に出向くのが一般的です。日程は先方に伺いを立ててから、二人の日程を合わせて調整しましょう。
訪問する時間帯は、お昼や夜の食事の時間は外して、午後2時か3時ごろがベスト。これから家族になるわけですから、あまり気を遣わせないほうがいいでしょう。先方の都合がつかない場合は午前中でも問題ありません。

実家訪問を成功させるコツ

ポイント1:
相手のご両親を事前にリサーチ
相手の親がどんなタイプか事前に情報を把握して、対策を立てておくことが大事です。相手の親の名前、年齢、職業、出身地、趣味、得意な話題や触れてはいけない話題などを知った上で、あらかじめ話題を準備しておけば、会話もスムーズに進み好印象をもってもらえます。
ポイント2:
具体的な将来設計について話し合っておきましょう
親の立場からすると、結婚後の二人がどのような人生設計を立てているのか気になるところ。子どもや住居など、前もって二人で話し合っておきましょう。もちろん、結婚の許可をもらうためのセリフも事前に考え、練習してくほうが無難です。敬語を正しく使い、シンプルで誠意のあるセリフで好印象を与えましょう。

気をつけるべきマナー

初めて相手の親と対面する場合は特に気をつけなければならないのがマナー。

第一印象はとても大事です。敬語を正しく使うなど、最低限のマナーは頭に入れておくようにしましょう。

服装は清楚なものを

初対面の第一印象はとても大切。男性は落ち着いた色のスーツ、女性はワンピースやスーツなど、派手にならない服装がおすすめ。スカート丈の短いものは避け、ヘアメイクやアクセサリーも控えめに。服装に合わせた靴を選び、外側をちゃんと磨いて内側もきれいにしておきましょう。男性は革靴、女性はパンプスが無難。履くのに時間のかかるブーツは避けましょう。バッグは比較的小さなものを、ブランドものの派手なバッグは避けたいもの。荷物が多い場合は、別にトートバックに入れて持っていくといいでしょう。
男性は濃紺や濃いグレーのスーツを選ぶとよいでしょう。茶髪や長髪は避けたほうが無難。ひげもこの日だけはきれいに剃りましょう。

時間厳守で相手の家に向かおう

約束の時間に遅れることは厳禁なので、ちゃんと相手の家までの所要時間を事前にチェック。
相手宅に到着したら、外でコートを脱いでからチャイムを鳴らします。迎え入れられたら、相手に背を向けないよう体を斜めに向けてドアをしめます。「初めまして。○○です。今日はお時間をいただき、ありがとうございます」と挨拶します。挨拶は背筋を伸ばして笑顔で、はきはきと明るく話すよう心がけましょう。

大切なのは姿勢

どんな部屋に通されるかによって挨拶の仕方は変わりますが、和室でも洋室でも大切なのは姿勢です。どんな場所に通されても、背筋を伸ばして笑顔をキープし、明るく話しましょう。

<洋室の場合>

最初の挨拶は立ったまま、親から「おかけください」と声をかけられたら椅子に座るようにしましょう。お辞儀は腰から上半身を折るように。足を組んだり、足を広げて座ったりせず、軽く腰かけると自然と背筋がピンと立ちます。また、背もたれに寄りかかるのも避けましょう。

<和室の場合>

部屋の隅か下座に、まずは座布団を使わずに座ります。手荷物は自分の横に置きましょう。お辞儀は正座をしたまま、二つ手をついてゆっくりと。座布団はもちろん、畳の縁を踏むのも和室のマナー違反。さりげない所作を心がけて。

相手の親の呼び方

相手の名前は「○○さん」「○○くん」と下の名前で。相手の親のことは「○○さんのお父様」というように、初対面ではワンクッションおいたほうがいいでしょう。

訪問後はお礼を

長居はよくないので、2、3時間ほど談笑をしたらキリの良いところで「それでは、そろそろ・・・」と挨拶をして帰りましょう。訪問後は「本日はありがとうございました」とフォローの電話を入れておきます。お礼のはがきを送るとより丁寧な印象ですが、日にちを空けすぎてもよくないので、3日以内を目安に出しましょう。

記念写真を撮って打ち解けよう

初対面の相手とは、一緒に何かをすることで打ち解けるスピードも早くなるもの。カメラを持参して全員で記念写真を撮るのも、距離を縮めるにはよい作戦です。

訪問時の手土産、何を持っていけばいい?

老舗や人気店の和菓子・洋菓子は、ハズレが少ない。

自分の出身地の名産は、話のネタになることも。

最初の訪問時は、必ず手土産を持参しましょう。値段が高すぎると相手の負担になるので、3,000円~5,000円程度を目安に。あらかじめ親の好みや食べられないものを相手から聞いておくと、選ぶときに迷いません。喜ばれる一般的な手土産としては、老舗や人気店の和菓子や洋菓子、酒類や季節の果物、花などが挙げられます。自分の出身地の名産品は、自己紹介や話のネタにもなるので、緊張しやすい人にはおすすめです。
手土産は部屋に通されたら、座る前に渡しましょう。紙袋から出して相手側から正面になる向きにして両手で差し出します。渡す前に座るのは禁物です。

職場の同僚や友人への報告は、いつするの?

職場・友人への報告は、結婚の日取りが決まってから式の半年くらい前に。

職場では上司に口頭で。友人には、会うか電話で一人ひとり個別に報告を。

職場関係者への報告は、結婚式の日取りや会場が決まってから。結婚式の6ヶ月前にはオフィシャルに報告しましょう。最初の報告は直属の上司に直接口頭で伝え、結婚式に招待したり、スピーチをお願いしたりする場合はその旨も一緒に伝えましょう。次に報告するのは職場の同僚になります。一斉メールではなく個別に伝えたほうが丁寧な印象になります。職場の同僚で結婚式に招待する人には、個別にその旨を伝えましょう。なお仕事の取引先には事前に報告する必要はありません。
友人にも同時期に報告しましょう。友達伝いに結婚の話を聞くのは、あまり気分のよいものではありません。できるだけ同タイミングで、個別に伝えましょう。できれば直接会って、難しければ電話で伝えるのがいいでしょう。

結婚式までの段取りチェックリスト

  • 自分の親に報告する
  • お互いの親に挨拶に行く日を決める
  • 手土産を購入する
  • 挨拶の段取りを二人で確認しておく
  • 結婚を認めてもらえるようお願いする
  • 相手の親にお礼の電話(手紙)を送る
  • 職場に結婚の報告をする
  • 友人に結婚の報告をする
  • ふたりにぴったりの式場を探そう
  • 下見でも結婚式実施でもポイントがもらえる!
  • 婚礼メニューのフルコースやハーフコースを手ごろな料金で味わえる!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
閉じる
総保有ポイントポイント
 
獲得予定ポイントポイント
ポイント詳細
お得なキャンペーン

楽天ウェディングのサービス

楽天グループのサービス